工事経験を裏付ける資料について

建設業を申請する上で、必ず提出しなければならないのが、
工事経験の裏付け資料です。
この資料は、経管若しくは専技に就く方が今まで、建設業に携わっていたのかどうかを裏付ける資料になります。
ですので、その方の経験如何によっては、裏付けの収集が一番厄介な書類になります。
では、どのような物が裏付けになるのか、記載したいと思います。

【工事経験裏付け資料】 ・建設業許可取得業者に在籍していた場合。
このパターンが最も簡単な裏付けになります。
裏付け資料は、その会社に在籍していたことの証明のみです。
具体的には、厚生年金加入記録回答票と呼ばれる書類です。
この書類は、今まで在籍していた会社が社会保険(厚生年金)に加入していた場合に、
その在籍の期間を裏付ける書類になります。
この書類には、◯◯建設株式会社、平成元年4月1日から平成11年3月31まで120ヶ月加入という具合に記載されております。
そのため、◯◯建設の建設業許可が平成元年から有効であれば、
実務経験10年の裏付けが容易に取れます。

次に、建設業許可取得業者に在籍していない場合の裏付けです。
この場合は、裏付けを取りたい年月分の工事注文書,工事契約書,
工事請求書通帳の原本が必要なります。
例えば、実務経験10年の裏付けを上記の方法で取る場合、東京都と埼玉県なら1ヶ月に1件、全部で120件。
神奈川県と千葉県なら1年に1件、
全部で12件の工事の注文書、契約書、請求書が必要になります。
Top