建築一式工事とは

建築一式工事は原則として元請業者の立場で「総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建築する工事であり、複数の下請業者によって施工される大規模かつ複雑な工事」とされています。
例)建築確認を必要とする新築及び増改築
具体的には、家の新築工事について、大工工事、内装工事、管工事などの複数の専門工事が組み合わさっており、これらの専門工事の業者を束ね、指導、調整のもとに建築物を建築するという契約を施主と結ぶような業者が建築一式工事を持っている必要があります。
建築一式工事は原則元請工事になります。
同じように専門工事が複数入って請負う必要がある工事にマンションなどの大規模修繕工事があります。しかし、東京都の扱いでは建築確認を取るような工事でなければ、こうした大規模修繕工事は建築一式には該当しないとされています。
※あくまで建築一式工事に該当するのは新築工事か建築確認の必要な大規模改修工事とされているのです。
また、一式工事の建設業許可のみを有している建設業者が、専門工事(とび・土工、大工工事等)に該当し、かつ軽微な工事の範囲を超えている場合には、無許可営業により監督処分の対象になりますので、注意が必要です。
軽微な工事の範囲を超える場合には、それぞれ専門工事についての許可が必要になります。
Top