神奈川県知事許可 内装仕上げ工事業を取得!

※一部の内容について、守秘義務の点より修正させていただいている箇所がございます

ご依頼の概要

本件の概要となります。
日付 2015年3月
業種 内装仕上げ工事業
地域 神奈川県
許可種類 神奈川県知事許可/一般
業態 法人

本件の特徴

今回のお客様は、家屋のリフォーム一筋30年の実績を誇るお客様でした。 ですので、工事の実績、経営経験、実務経験、どれも全く問題はございませんでした。 今回の、申請の詳細は、経営経験7年、実務経験10年でした。 役員経験は謄本(履歴事項全部証明書)で、実務10年の経験については、工事の請求書と通帳の原本、10年間の在籍証明については、源泉徴収票と源泉徴収簿の写しで、申請をいたしました。 10年間の源泉徴収票と源泉徴収簿が残っている都いうのは、非常に稀なので、大変助かりました。蔵の中をひっくり返して探していただいたことに、感謝いたします。 また、今回は神奈川県での申請だったため、工事の裏付け資料が1年に1件で足りるため、トータルで10件で済みましたが、これが埼玉県や、東京都の場合は1ヶ月に1件必要となり、トータルで120件分の工事請求書が必要になります。それを思うと、本当にほっとしております。
Top