建設業許可の更新手続き

建設業許可申請を新規で取得しましても、建設業を引き続きやられる場合には、実は5年に1回建設業許可を更新しなくてはいけません。 建設業許可の更新は、許可の満了する日の2か月前から30日前までに更新の申請をしなければなりません! この期限が過ぎてしまいますと建設業許可が失効してしまことになりますので、注意が必要になります。 行政から更新期限到来のお知らせはありませんので、更新の期限については気をつけなくてはいけません。
また、建設業の更新にあたりまして、毎事業年度必ず決算変更届をしておりませんと、建設業許可の更新をすることができませんのでご注意が必要です。
この決算変更届を出していない業者さんもたくさんいます。
あまりおススメはできませんが、更新の時期に合わせまして決算変更届を出していない期間(最大5年分)分を作成しまして、更新関係の書類もあわせて出すことで、一応は更新申請をすることができます。

建設業許可更新申請のご料金!

サービス名称 申請先 区分 証紙代金(法定費用) 手数料 合計金額
許可更新 知事 一般 52,500円 50,000円 102,500円
特定 52,500円 50,000円 102,500円
大臣 一般 63,000円 50,000円 113,000円
特定 63,000円 50,000円 113,000円

決算5年+更新申請のお申込みで更にお得に!

建設業許可を維持するために必要な、申請期限の管理から、決算届5年分・更新申請に至る全ての作業をフルサポートさせていただきます!
通常、5年間×31,500円+建設業許可更新52,500円=210,000円のところ、160,000円で対応いたします!!
項目 金額
決算届手数料(5年分) 157,500円
更新申請手数料 52,500円
更新申請証紙代 50,000円
お値引き -50,000円
合計 210,000円
Top