建設業許可+法人化(会社設立)ならお任せ!

建設業を行ううえで、他社と差別化するための大前提として、会社か個人かということがあります。 会社と個人の決定的な違いは、やはり信用です。 ビジネスの世界はもちろん、特に建設業界にあってはこの信用というのはかなり大きな要素となります。個人よりも会社の方が間違いなく信用がございます。
最近弊社では、下記のようなご相談が増えてきております。
取引先から建設業許可の取得を求められ、許可取得を機に法人化しようと考えている 個人事業主では税金の負担が大きくなってしまい、法人化することで少しでも節税したい
ウェイビー行政書士事務所は、年間300社様以上の会社設立のお手伝いをしております。 また、建設業許可の申請も、年間200社様以上からご相談をいただいており、実績は十分にございます。
多くのお客様のお手伝いをさせていただいたことで、業務の効率化が図れご料金も業界最安水準となっております。 建設業許可の取得にともない、法人化・会社設立をご検討のお客様は、是非、ウェイビー行政書士事務所までご相談をください!

建設業許可申請(知事免許)+法人化(会社設立)

会社設立に関わる一切の手続きを代行いたします!
お客様に行なっていただく作業は、書類への捺印と資本金の振込作業程度と、会社設立の手間を最大限に削減いたします!

項目 金額
会社設立手数料 45,000円
会社設立定款認証料 51,900円
会社設立登録免許税 150,000円
建設業許可申請手数料 99,800円
建設業許可申請実費 90,000円
合計 436,700円

※会社設立に関するその他の費用として、印鑑作成代金(10,000円程度)、登記簿謄本等の実費(4,000円程度)が必要となります。

資金調達もサポートしております!

ウェイビー行政書士事務所は、創業融資、特に日本政策金融公庫、制度融資の案件を年間300社様程度のお手伝いをしております。創業融資の実績としては、日本トップクラスです。
金融機関との独自の繋がりはもちろん、金融機関ウケする事業計画書の作成などを得意としております! 融資の成功率も2013年に入ってからは90%程度の確率です。
下記のようなことでお悩みのお客様、きっとお役に立つことができます!
建設業許可を取りたいが、500万円のお金が工面できない 法人化を機に、設備投資・新規雇用を行いたいが、手元の資金が心細い
資金調達のことでお悩みのお客様、ご相談は無料ですので、是非お気軽にご相談ください!
創業融資サポートコース 料金
創業融資のお手伝い、事業計画書の作成のアドバイス 着手金89,800円
創業融資単独の業務ももちろん大歓迎です!
建設業許可申請と同時にお申込みいただきますとお得な割引がございます!

融資の必要性

建設業許可を取得し、建設業を始める皆さんは経営者です。経営者の仕事はたくさんあります。大きな仕事の1つが金融機関との付き合いをしっかりとやっていくということです。
会社の業績が好調の時はさほど心配はありません。しかし業績が、景気に敏感に左右される建設業界では業績不調時の倒産、廃業が後を絶ちません。業績が不振の時に、金融機関は資金を貸してくれません。
そこで業績が不振の時にも、金融機関から資金を貸していただけるような関係を作っておくことが必要となります。
そのためにも、創業融資を申請することで、金融機関との関係作り(実績作り)をお勧めいたします。
Top