経営事項審査とは

経営事項審査、通称「経審」と呼ばれ、公共工事を受注するために受けておかなければならない審査です。厳密に言うと、当該審査を受けないと、公共工事を受注するための入札参加資格を得れないというのが正確です。

当該審査の具体的内容としては、

  • Y点(経営状況分析)と呼ばれる前期の確定申告書を基に算出される点数と、
  • XZW点(経営規模,技術的能力,その他客観的事項を評価する経営規模等評価)を足したP点(総合評定値)の点数
が高い順にA~Dのランクに分けされます。

このランクに応じて受注できる公共工事が変わってきます。
当然、ランクが高いほうが、受注できる公共工事の規模や金額が大きくなります。
要するに経営事項審査とは「会社の通信簿」と言えます。

また、上記したXZW点の中に社会保険加入状況を確認する項目があるのですが、社会保険に加入していないと当該点数が大幅に落ちてしまいます
また政令指定都市など場所によっては、入札参加資格がもらえない場所もあります。

さらに、社会保険に加入していないということで、行政庁から管轄の年金事務所に連絡が行ってしまうという事例もありました。
それほど現在の建設業界において社会保険はとても重要な地位を占めているということです。

反対に、点数を上げる要因として、主に「法定外労災の加入」「技術者の人数」「建退共の加入」「防災協定の加入」等が挙げられます。

Top